「転職サイト比較」★クリック!★>>ここを読むだけで自分に合った転職のやり方が分かります<<

■中途採用担当が見る面接のポイント

■中途採用担当が見る面接のポイント

絶対に嫌われる面接マニュアルに沿った受け答えと良い子過ぎない面接との大きな違い

面接で落とされる方の特徴は面接マニュアルに頼り過ぎていることです!面接マニュアルはただのお手本です。面接官の心を動かさないマニュアル面接は嫌われるだけの面接!面接受け答えに向けて本音で考えておきたい5項目についてご紹介します。
■中途採用担当が見る面接のポイント

面接一発アウトの典型例!前役職をキャリアと勘違いする2つの失敗パターン

面接一発アウトの典型例をご紹介!面接で一番多い勘違いは前役職をキャリアだと信じているケース。もう昭和の時代ではないし、この考えから抜け出せない方が早期希望退職者募集の対象やリストラ候補になっています。面接不採用の2パターンをご紹介します。
■中途採用担当が見る面接のポイント

職務経歴書・自己PR書にインパクトとリアリティを持たせる書き方と押さえるポイント

中途採用担当者が何をもって履歴書、職務経歴書、自己PR書にインパクトとリアリティがあると思うか!中途採用担当者を納得させるには応募書類に定量的な数字を示すことです。インパクトありなしの事例を示して応募書類の書き方をご紹介します。
■中途採用担当が見る面接のポイント

転勤を断り退職した応募者の転職リスク|求職者を守る別雇用形態の提案!

転勤命令を理由に会社を辞めた方の転職にはかなりのリスクがあります。親の介護などで転勤できない場合、新たの雇用形態として「雇用止め」や「契約打ち切り」といった心配のない無期労働契約を企業と結ぶことで、転勤もせず雇用を維持することができます。
2019.06.08