「転職サイト比較」!>>これを最初にパッと眺めるだけで自分に合った転職のやり方が分かります

■退職の自由と人道的な退職の進め方

■退職の自由と人道的な退職の進め方

早期希望退職者募集で対象者の取る選択肢と止む無く転職に走る選択肢

早期希望退職者募集で自分がその対象年齢の場合、あなたならその募集に応じますか?会社の業績悪化のツケを背負ってそれに応じるのも如何なものでしょう。退職者募集は単に転職するためのキッカケと考えれば、それが人生最後の転職になるはずです。
2019.08.22
■退職の自由と人道的な退職の進め方

退職代行サービスで弁護士法人以外おすすめできない2つの理由

本人に代わって退職手続きを代行してくれる退職代行サービスですが、退職には権利が関わりますから、退職交渉は弁護士以外に出来ない行為です。退職には弁護士法人サービスを受ける方が確実に退職できます。退職代行サービスの正しい選び方をご紹介します。
■退職の自由と人道的な退職の進め方

崖っぷち転職サイト活用方法!社員が裏で行っていた転職活動実録

上司とのソリが合わず退職を決意した2人の崖っぷち転職までの実録を記載しています。退職時期は退職意思表示から3ヶ月後の3月末。彼らはなぜわざわざ3月末まで退職を延ばしたか。その理由には転職を有利に運ぶ2つの思いがあります。
■退職の自由と人道的な退職の進め方

退職は誰でもできる!裏のある引き止め常套句を無視した退職方法

法律と就業規則の解釈を履き違えて、会社が退職時に社員を責めるトラブルが起きています。一定の条件さえ満たせば正社員、パートに関わらずいつでも会社は辞められます。辞められる法律上の理由とトラブルなくすんなりと会社を去れる方法をご紹介します。
■退職の自由と人道的な退職の進め方

退職時に分かる会社の表と裏の隠れた行動|必要な人材か否かの判断材料

新卒社員の退職時期が入社4年目に集中する統計があります。引き止めで退職を踏み止まる社員が約6割ですが、会社から受ける「説得」と「引き止め」には大きな違いがあります。その差を見て自分が会社に必要な人材だったかどうか判断できます。
■退職の自由と人道的な退職の進め方

ブラック企業の社員が会社をすぐにでも辞めたくなる3つの理由!

ある研究所が実施した「今すぐにでも退職したい!」という意識調査で得られた3項目について、私の転職経験を交えてご説明します。会社と社員との温度差は必ず「ブラック企業」を生み出します。その典型的な例をご紹介します。
2019.02.12