「転職サイト比較」!>>これを最初にパッと眺めるだけで自分に合った転職のやり方が分かります

年間を通した転職リミットは何月?9月までに転職を成功させたいその理由

転職3月9月 ■転職サイト・転職エージェント活用法
この記事は約9分で読めます。

年間を通して企業の中途採用募集が多くなるのは、決まって3月と6月、そして今のこの時期の9月です。

ちょうどこの時期は会社の上下半期決算と重なる時期で、来季の人材募集予算が確定している分、募集を掛けやすいのと、ボーナス支給後に増える退職者の人材補充で、必然的に募集が増えるわけです。

毎年のこととは言え、企業側もこれは前もって予測していて、この9月の中途採用に向けてもうすでに転職サイトと打ち合わせをして、求人広告を載せる準備をしています。

転職活動慣れをしている方ならもうこの状況を察知して、この時期に合わせてリクナビNEXTなどの転職サイトへの登録はもう済ませていることでしょう。

リクルートエージェントなどの転職エージェントを使われている方であれば、この8月はもうキャリアアドバイザーと頻繁にコンタクトを取って、希望する業種企業とのマッチング報告を待っている時期です。

今回のお題は、応募企業数が増える9月の転職サイトの使い方と、なぜ転職希望者が9月までに転職を果たしたいのか!その転職リミットについてお話させていただきます。

9月応募は転職サイト、転職エージェントのどちらが有利か!

今の会社を辞めてほかの会社に転職しようとする場合、誰でも最初に起こす行動は、転職サイトへの登録と転職エージェントへの申し込みになるはずです。

転職活動をされている方なら、これはもう当たり前の話ですよね。

さて、ここで勇んで行動(企業応募)を起こす前にもう一度、転職サイトと転職エージェントの立ち位置と使い分けを思い出してください。

転職には後述するように”転職リミット!”があり、転職する時期に合わせて使い分ける方が効率的な転職ができます。

転職サイトと転職エージェントの立ち位置!

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、転職サイトが抱えている求人広告のほとんどは公開求人!転職エージェントは基本、非公開求人という点です。

公開求人、非公開求人

公開求人は誰でも閲覧申し込みができますが、非公開求人は自分で知れるものではありませんから、結局、転職エージェントに頼るしか知る術はありません。

これっておかしな話ですが、自分で応募する企業を選べるか選べないか!転職活動をするにあたってこの違いは大きいですし、一歩踏み違えれば自分の意図しない結果にもなってしまいます。

転職サイトの立ち位置!

転職サイトはサイト登録をしなくても応募企業とその募集要項を知ることができますし、気に入った企業があればサイト登録さえしてしまえば、自ら応募企業側へのエントリーも可能になります。

それに話が進めば、応募企業側とメールを通じてコンタクトも取れるようになります。

このあたりは自由度が大きいですし、自分の意志で応募する企業を自由に選べる!というメリットがあって、応募内容次第では”やはり応募を取りやめる!”といったこともできます。

ただ公開求人の中で大手企業に転職を希望するのであれば、人気の高さからその大手企業に応募が集中することは当然の話ですから、応募しても書類審査で弾かれる!といったデメリットがあります。

参考転職サイト: リクナビNEXT  : DODA

転職エージェントの立ち位置!

かたや転職エージェントが抱える求人企業のほとんどが非公開求人ですので、自分で応募する企業を選べないのが実情です。

仮にマッチングした企業があったとしても、キャリアアドバイザーの胸先三寸で紹介する企業が決まってしまうという点と、そのマッチング方法がブラックボックスになっている点は、やはりあまり気持ちが良いいものではありません。

ただ自分の持ち合わせているビジネススキルと企業とのマッチングが合えば、最優先で超大手企業への紹介もされますし、そのためのアシストも受けられます。

もちろん紹介されたからと言っても、自分に合わず応募を断ることもできます。

参考転職エージェント リクルートエージェント マイナビエージェント パソナキャリア

9月応募の転職サイト、転職エージェントの使い分け!

この9月という時期は企業側にとっても大切な時期で、会社は年度末に向けて業績を上げるための施策である「年間事業計画」の微修正に入る頃です。

その事業計画の微修正の中には、この9月に中途採用予定の即戦力である人的インフラ採用も含まれています。

企業側がそのカギとなる即戦力中途採用を転職サイトで募集するか!転職エージェントを使うか!は、企業側の諸事情により採用方法が変わってきます。

企業側には”より多くの応募者の中から適職人材を選びたい!”という考えがありますし、選考過程で”原石を見つけたい!”と、敢えて公開求人型転職サイトを利用する大手企業も少なくありません。

適職人材

そうなると”非公開求人”とはなんぞや!って話になりますが、企業側が敢えて”非公開!”としているのには2つの理由があります。

これは大手企業にありがちな話ですが、ひとつは公開求人にすることで、人気の高さから応募者が一挙集中してしまい、採用選考にかなりの時間を要することです。

2つ目は採用活動のスピードアップ化です。

肝心の”9月応募は転職サイト、転職エージェントのどちらが有利か!”って話ですが、今まで書いてきた”転職サイトと転職エージェントの立ち位置!”を読んで気付きませんでしたか?

転職サイトのメリットは転職エージェントのデメリットでもあり、その逆も然りです。

  • 転職サイトは人気企業に応募が一挙集中し、高度なキャリアの持ち主以外、書類で弾かれることが多い。
  • 転職エージェントを利用した場合の最悪のパターンは、マッチングの優先順位を理由にキャリアアドバイザーから企業を紹介してもらえないこと。

この9月は転職サイト、転職エージェントともに抱える応募企業数が増えますが、それに比例して応募者も多いわけですから、応募するにしても”はいそうですか!”というように一筋縄では行きません。

転職サイト経由での応募であれば、審査結果は企業側の判断ですから、書類で弾かれても諦めは付きますが、これが転職エージェントの場合、自分より優れた人材と肩を並べられたときに、どちらを評価し企業に紹介するか!ということです。

評価紹介優先順位

転職エージェントにも応募企業数に限りがあるわけですから、ここには紹介優先順位というのが生まれることになります。

企業と自分の持ち合わせているビジネススキルとのマッチングが合わなければ、紹介を先送りされてしまうリスクを抱えることになりますし、最悪はこの転職に大事な9月という”適正時期!”を逃してしまう可能性もあるわけです。

この9月の転職を逃すと来年の3月までの半年間、中途採用案件が増えることはほとんどありません。

こういったメリデメを考えるなら、この9月の企業応募は転職サイトを中心にして、サブで転職エージェントも応募する!といった方が企業を選びやすいですし、転職に成功する確実性も高くなります。

転職活動に欠かせない転職サイト・転職エージェント徹底比較
転職活動に欠かせない転職サイト・転職エージェント数社を徹底比較して選ぶポイントを紹介しています。転職系サイトを選ぶポイントは3点です。転職サイトと転職エージェントの活用方法の違いやメリット・デメリットなどもご紹介しています。

9月の求人応募に向けて選ぶ企業と避ける企業の見分け方!

転職サイトは年間を通じて多くの求人広告を載せていますが、サイト内の求人広告を見ていると、採用部署は違えど同じ企業から長期間に渡って、何人も採用募集を繰り返し載せている企業をよく見掛けます。

これが何を意味するか!・・・ちょっとあまりにも不自然ですよね。

転職活動をされている方ならもうお分かりですよね。こういった求人企業に多いのは決まって「離職率」の高さ!が挙げられますし、そう考えるのも妥当と思います。

これは大手企業とて例外ではありません。(実際に転職サイトに載っていますから)

せっかく大手企業に応募できるチャンスに出会ったのに、どうも求人広告掲載が通年に渡って掲載されている・・・誰が考えてもおかしい話ですよね。

そう感じたときには、まずはキャリコネなどの「転職クチコミサイト」に寄せられたその企業のクチコミを読んでみることです。

*このクチコミの投稿は、現役社員や社員だった方からの投稿です。




10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

この投稿がすべて正しい!とは言いませんが、何通かクチコミを読んでいると共通して指摘している投稿がありますので、それがヒントになるはずです。
(*このキャリコネからも応募企業にエントリーできます)

転職希望者が求人企業探しに焦りを見せるのは決まって9月!

さて本題に入りましょう。

求人企業が増えるこの9月という時期は、転職活動をされている方にとっては、1年を通じて”一番の正念場!”になるのではないでしょうか。

先にも述べた通り、この中途採用募集が多い9月の転職を逃せば、次の求人が増える来年3月までの約半年、転職機会に巡り合うチャンスや転職できる確率が低くなるからです。

転職できる確率

まだ在職中の方でしたら、この9月に転職できなくても半年間我慢すれば良いだけですが、もうすでに退職の意向を会社に伝えて、退職期日まで決まっている方には、この半年間は非常につらい期間になります。

何より職が決まらず、無職のまま年を越して正月を迎えるのは忍びないですよね。

次の転職のタイミングは半年後の来年3月・・・

そういったことで、この9月は転職活動されている方には、年内の先がない分、かなり焦りを感じていると思います。

半年後と言えば、ひとつ余計に年を重ねるわけですし、応募年齢は書かれてはいないにせよ、29歳と30歳とではやはり企業側が向ける目も変わってきます。

そう・・・年間を通しての転職リミットは9月で、特に20代、30代の方はこのボーダー年齢が気になるはずです。

そういった心配を払拭するために、今から9月までの転職活動でできることは何か!・・・

やはり注目すべきは履歴書、職務経歴書の添削です。

この2つの応募書類は、公募企業の玄関を開けるための役割を果たすものですし、その玄関を開けられるかどうかは、この履歴書、職務経歴書の良し悪しに掛かっています。

多くの転職希望者の方は、転職活動時期に履歴書、職務経歴書の見直しを何度もしていると思いますが、でもその履歴書、職務経歴書に書いてある内容って、9月に応募する企業に合わせて書いているものでしょうか?

履歴書、職務経歴書

9月の転職に向けて今できることは、履歴書、職務経歴書の見直しやインパクトのある表現を交えた応募書類の差し替え、書き直しです。

私は今の会社で中途採用担当者を兼務していますが、残念ながら最初に見る履歴書を30秒見ただけで、通過できる書類か!そうでないか!がほとんど分かります。

心を響くものがひとつもないんですよ。

これは笑い話ですが、過去に応募書類に会社名(私の会社名)を間違えて書いて送って来た方がいました。(笑)

何も見ず、添削もしないでそのまま送って来たのでしょう。まー結果は想像の通りです。

履歴書、職務経歴書にはインパクトのある書き方が必要です。書き方は以下の記事を参考にしてください。

私が今の会社に転職する際に書いた内容をそのまま列記していますし、転職回数の多い方にも対応した応募書類の書き方をご紹介しています。

ワンランク上の職務経歴書と疑問だらけの職務経歴書の書き方
履歴書は企業側に次の職務経歴書を読ませたくさせるためのもので、職務経歴書は企業側に自身の経歴を共感させるためのものです。職務経歴書の書き方には編年式や逆編年式、キャリア式がありますが、転職回数によってはメリデメが生じます。

9月の転職活動と年内に転職を果たしたい理由(まとめ)

どこの企業でも、9月から来年の年度末に向けて忙しさが加速する時期になります。

転職する時期としては、年間を通じて一番求人数が多い3月がベストな時期であることは間違いありませんが、この9月も転職するには決して悪いわけではありません。

9月という時期は、年度末を迎えるまでの6か月間の間に配属部署にも慣れるし、何に付け、4月に迎える新卒者と同等扱いをされない点です。

見方を変えれば、ここには先輩後輩の関係が成り立ちますし、仕事に慣れるまで新卒者と肩を並べて仕事をすることもありません。

一日の長!・・・そう考えると、あながちこの9月という時期は、別の意味で転職には最高の時期かも知れません。

まずは9月に向けて履歴書、職務経歴書を見直して、企業応募するタイミングを探ってください。

転職活動に欠かせない転職サイト・転職エージェント徹底比較
転職活動に欠かせない転職サイト・転職エージェント数社を徹底比較して選ぶポイントを紹介しています。転職系サイトを選ぶポイントは3点です。転職サイトと転職エージェントの活用方法の違いやメリット・デメリットなどもご紹介しています。

§:コメント