「転職サイト比較」!>>これを最初にパッと眺めるだけで自分に合った転職のやり方が分かります
■転職に生かせる資格

新卒採用と中途採用の採用基準の大きな違い!中途採用現場ではこう見る!

中途採用者に求められるものは即戦力ですが、最後に採用合否を分けるのはやはり保有資格です。新卒採用と中途採用とでは保有資格の有無や採用する基準、見るポイントも大きく違います。中途採用側がどこに基準を置いて採用に至るかを詳しくご説明します。
2019.04.28
■転職で成功する人と失敗する人の違い

中途採用現場での書類審査通過率と面接成功に至るまでの流れ(一部内情暴露!)

中途採用の現場がどういった視点で応募者を見て、書類審査を通過させて面接に至るか!応募書類には業界特有のアピールポイントを網羅した書き方があります。書類審査で弾かれる典型的な例と採用側がどこを見て採用に至るかを分かりやすくご説明します。
2019.05.03
■転職サイト・転職エージェント活用法

40代・50代の転職ハンデをカバーする第3の選択肢とは!

人材バンクは、年齢やスキル不足などの転職ハンデを持つ30代から50代後半の方に利用されている第3の選択肢となる転職エージェントです。人材バンクには実質登録拒否がありませんので、その求人紹介システムと活用法を詳しくご紹介します。
2019.05.03
■転職サイト・転職エージェント活用法

MIIDAS|3分でわかる自分の市場価値と転職年収額を調べる方法

転職する際に必要となる自分の”市場価値”を調べる方法をご紹介します。MIIDAS(ミイダス)は、サイト登録なしで自分の4つの市場価値を知ることができますし、個人情報やメアド入力なしで面接確約オファーがサイト上で確認できます。
■建設コンサルタントのブラック度

建設コンサルタントの裏ブラック度の暴露と判定するための2つの方法!

建設コンサルタント業界(建設設計業務)の”業界ブラック度の疑問!”について現役理系エンジニアがお答えします。建設コンサルタント会社にはブラック企業が存在しますので、そのブラック度を判定する2つの方法をご説明します。
■中途採用担当が見る面接のポイント

転勤を断り退職した応募者の転職リスク|求職者を守る別雇用形態の提案!

転勤命令を理由に会社を辞めた方の転職にはかなりのリスクがあります。親の介護などで転勤できない場合、新たの雇用形態として「雇用止め」や「契約打ち切り」といった心配のない無期労働契約を企業と結ぶことで、転勤もせず雇用を維持することができます。
2019.06.08